基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成19年 秋期 基本情報技術者 午前 問60
問60   E-R図に関する記述

 E-R 図に関する記述として,適切なものはどれか。

ア 関係データベースへの実装を前提に作成する。

イ 業務上の各プロセスとデータの関係を明らかにする。結果として導かれる実体問の関連は,業務上の各プロセスを表現する。

ウ 業務で扱う情報を抽象化し,実体及び実体間の関連を表現する。

エ データの生成から消滅に至るプロセスを表現する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 E-R 図( Entity Relational Diagram ):実体関連図とは、ソフトの設計図に あたり実際の処理項目、処理時間、最終処理内容などが書面上で見られる図のことで、 多くはデータベースの概念設計に用いられる。主に、設計の対象となるデータベース テーブル上にどの様なものがあって、実体間(テーブル間)にどの様な関連があるかを 表している図である。E-R 図を作成する動機の1つに、データの正規化を進めると いうことが挙げられ、良い E-R 図は、1つの事実は1ヶ所にある、という単純な コンセプトにより作成される。 よって、正解は(ウ)である。

【平成15年春 問68】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]