基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成19年 秋期 基本情報技術者 午前 問64
問64   公開鍵暗号方式に関する記述

 公開鍵暗号方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア AES は,NIST が公募した公開鍵暗号方式である。

イ RSA は,素因数分解の計算の困難さを利用した公開鍵暗号方式である。

ウ 公開鍵暗号方式に参加する利用者の数が増えると鍵の配送が煩雑になる。

エ 通信文の内容の秘匿に公開鍵暗号方式を使用する場合は,受信者の復号鍵を公開する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 公開鍵暗号方式では、誰でも閲覧可能な公開鍵(暗号化鍵)と本人しか知らない秘密鍵(復号鍵)を使う。 公開鍵で暗号化したものは秘密鍵でないと復号化できない。また、 秘密鍵で暗号化したものは公開鍵でないと復号化できない。

ア:AES は、NIST が公募した共通鍵暗号方式である。

イ:正しい。

ウ:公開鍵暗号方式は、受信者に公開鍵を送るだけなので簡単である。

エ:通信文の内容の秘匿に公開鍵暗号方式を使用する場合は、受信者の「公開鍵」を公開する。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]