基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成20年 春期 基本情報技術者 午後 問01
問01   ハードディスク装置に関する記述

 ハードディスク装置に関する次の記述を読んで,設問1,2に答えよ。

 X社では,ハードディスク装置である製品Aと製品Bを生産している。製品Aと 製品Bの仕様を表に示す。

表 製品Aと製品Bの仕様

   仕様   製品A   製品B
 記憶容量 60G バイト 80G バイト
 回転数 4,200 回/分 5,400 回/分
 平均位置決め時間 14.0 ミリ秒 12.0 ミリ秒
 データ転送速度 20M バイト/秒 30M バイト/秒

 1G バイト=1,000M バイト, 1M バイト=1,000k バイト

設問1 次の記述中の に入れる正しい答えを, 解答群の中から選べ。 解答は小数第2位以下を切り捨てるものとする。

 製品Aでは,平均回転待ち時間は ミリ秒であり, 100k バイトのデータを転送する時間は ミリ秒である。

 一方,製品Bでは,平均回転待ち時間が 5.5 ミリ秒であり,100k バイトのデータを転送する時間が 3.3 ミリ秒であることから,100k バイトの平均アクセス時間 (平均位置決め時間+平均回転待ち時間+データ転送時間)は, 製品Aに比べて ミリ秒短い。

解答群

ア 3.3     イ 5.0     ウ 5.3      エ 5.5

オ 7.1     カ 11.1     キ 14.2

解答 a ←クリックすると正解が表示されます

解答 b ←クリックすると正解が表示されます

解答 c ←クリックすると正解が表示されます

基本情報技術者試験


設問2 次の記述中の に入れる正しい答えを, 解答群の中から選べ。解答は小数第2位以下を切り捨てるものとする。

 読取り時のアクセス時間を短縮するために,ディスクキャッシュを搭載した製品Cを開発した。 ディスクキャッシュヘの書込みと読取りは,2k バイトのブロック単位で行う。 あるブロックに対するデータの読取り要求があった場合,ディスクキャッシュを 検索し,ディスクキャッシュ上にそのブロックのデータがあればディスクキャッシュ上の データを返す。ディスクキャッシュ上にそのブロックのデータがなければ, 磁気ディスクからデータを読み込み,データを返すと同時に ディスクキャッシュ上の最も古いブロックのデータと交換する。

 ディスクキャッシュを検索する平均時間は 1.0 ミリ秒,ディスクキャッシュの 平均ヒット率は 0.4 ,デイスクキャッシュからの1ブロック当たりのデータの 平均読取り時間は 0.4 ミリ秒とする。ディスクキャッシュがヒットしなかったとき, 磁気ディスクからの1ブロック当たりのデータの平均読取り時間は,ディスクキャッシュ上の 最も古いブロックのデータと交換する時間も含めて 17.0 ミリ秒とする。このとき, 製品Cの1ブロック当たりの読取り時の平均アクセス時間は ミリ秒となる。

解答群

ア 7.0       イ 8.0        ウ 10.3

エ 11.3       オ 13.2        カ 14.2

解答 d ←クリックすると正解が表示されます


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [基本情報技術者試験TOP ]