基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 秋期 基本情報技術者 午前 問11
問11   チェックディジット

 0〜6の数4個で構成される数列( N 3 N 2 N 1 C )がある。 C はチェックディジット(検査数字)であり、

  C =( N 3×3+ N 2×2+ N 1×1) mod 7

を満たす。数列( 4,2,,6)がこの条件を満たすとき、 に当てはまる数はどれか。 ここで、 a mod b a b で割った余りを表す。

ア 0       イ 2       ウ 4       エ 
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

N 3×3+ N 2×2+ N 1×1 )=(4,2, ,6)より

N 3×3+ N 2×2+ N 1×1 )mod 7 = 6 すなわち、

( 4 × 3 + 2 × 2 + )mod 7 = 6

( 16 + )=( 7 で割った余りが 6 になる数)

 この中で、条件 "0〜6の数4個で構成される"を満たすのは、4である。

【平成14年秋 問08】類題


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]