基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 秋期 基本情報技術者 午前 問27
問27   ページング方式

 ページング方式の仮想記憶において,主記憶に存在しないページをアクセスした場合の 処理や状態の順番として,適切なものはどれか。ここで,主記憶には現在, 空きのページ枠はないものとする。

ア 置換え対象ページの決定 → ページイン → ページフォールト → ページアウト

イ 置換え対象ページの決定 → ページフォールト → ページアウト → ページイン

ウ ページフォールト → 置換え対象ページの決定 → ページアウト → ページイン

エ ページフォールト → 置換え対象ページの決定 → ページイン → ページアウト


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 プログラムは2〜4K バイト単位の大きさのページに分割され主記憶装置にロードされる。

 主記憶上に必要なページがない(ページフォルト)とき、 置換え対象ページの決定し、 主記憶上で不要なページを仮想記憶に戻し(ページアウト)、 仮想記憶から必要なページを転送(ページイン)する。

  置換え対象ページの決定を行うやり方の代表的なものに FIFO 方式と LRU 方式がある。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]