基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 秋期 基本情報技術者 午前 問30
問30   ハッシュ法

 ハッシュ法の説明として,適切なものはどれか。

ア 関数を用いてレコードのキー値からレコードの格納アドレスを求めることによってアクセスする方法

イ それぞれのレコードに格納されている次のレコードの格納アドレスを用いることによってアクセスする方法

ウ レコードのキー値とレコードの格納アドレスの対応表を使ってアクセスする方法

エ レコードのキー値をレコードの格納アドレスとして直接アクセスする方法


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:ハッシュ法 関数を用いてレコードのキー値からレコードの格納アドレスを 求めることによってアクセスする。

イ:データ管理法 それぞれのレコードに格納されている次のレコードの 格納アドレスを用いることによってアクセスする。

ウ:索引編成方法 レコードのキー値とレコードの格納アドレスの対応表を 使って、アクセスする。

エ:直接編成方式 レコードのキー値をレコードの格納アドレスとして 直接アクセスする。

【平成16年春 問35】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]