基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成20年 秋期 基本情報技術者 午前 問70
問70   ERPの説明

 ERP を説明したものはどれか。

ア 営業活動に IT を活用して営業の効率と品質を高め,売上・利益の大幅な増加や,顧客満足度の向上を目指す手法・概念である。

イ 卸売業・メーカが小売店の経営活動を支援することによって,自社との取引量の拡大につなげる手法・概念である。

ウ 企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画して管理し,経営の効率向上を図るための手法・概念である。

エ 消費者向けや企業間の商取引を,インターネットなどの電子的なネットワークを活用して行う手法・概念である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ERP( Enterprise Resource Planning :企業資源計画)は、人事、給与などの業務統合パッケージである。

 ERP パッケージとは、企業資源を有効活用し経営をより効率化し、利益の最大化を図るために、 1つ1つの部門の業務レヴェルごとではなく企業全体を統合的に管理するためのソフトウェアパッケージのことを指す。 これは業務情報システムパッケージであり、業務と密接な関係にある。 利点としては、パッケージが前提としている他企業の業務を良い部分(ベスト・プラクティス)を参考にし、 なかなか知りえない部分を知ることができるが、他方では他に知られる分、 自企業特有の業務の長所を活かし切れないリスクが存在する。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]