基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 春期 基本情報技術者 午前 問13
問13   RAID1〜5の各構成

 RAID1〜5の各構成は,何に基づいて区別されるか。

ア 構成する磁気ディスク装置のアクセス性能

イ コンピュータ本体とのインタフェースの違い

ウ データ及び冗長ビットの記録方法と記録位置の組合せ

エ 保証する信頼性の MTBF 値


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 RAID は、複数のハードディスクを並列に連結し、全体を1つのディスク装置としてアクセスする方式である。

 信頼性が向上し、データを分散して記録することによって同時に読み取ることができるので高速化できる。

 RAID は、データを修復するための情報をディスク内または、専用のディスクに持ち、 障害が発生した場合にデータを自動的に修復する機能をもっている。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]