基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 春期 基本情報技術者 午前 問21
問21   ディレクトリとファイルの指定方法

 絶対パス名 \a\a\b\c をもつディレクトリがカレントディレクトリであるとき, 相対パス名 .\..\..\a\b\file をもつファイルを,絶対パス名で表現したものはどれか。 ここで,ディレクトリ及びファイルの指定方法は,次の規則に従うものとする。

〔ディレクトリ及びファイルの指定方法〕

(1) ファイルは,“ディレクトリ名\"…\ディレクトリ名\ファイル名”のように, 経路上のディレクトリを順に“\”で区切って並べた後に“\”とファイル名を指定する。

(2) カレントディレクトリは“.”で表す。

(3) 1階層上のディレクトリは“..”で表す。

(4) 始まりが“\”のときは,左端にルートディレクトリが省略されているものとする。

(5) 始まりが“\",“.”,“..”のいずれでもないときは, 左端にカレントディレクトリ配下であることを示す“.\”が省略されているものとする。

ア \a\b\file            イ \a\a\b\file

ウ \a\a\a\b\file          エ \a\a\b\a\b\file


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 絶対パス名 \a\a\b\c をもつディレクトリがカレントディレクトリの場合、図の 下のディレクトリになる。このディレクトリから相対パス名 .\..\..\a\b\file をもつファイルは、 図の左下のファイルになる。

 よって、このファイルを絶対パス名で表現すると、\a\a\a\b\file となる。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]