基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 秋期 基本情報技術者 午前 問31
問31   境界に生じる階段状のギザギザ

 コンピュータグラフィックスで図形を描画する際に,図形の境界近くの画素に 変化する色彩の中間色を割り当てることで,境界に生じる階段状のギザギザを目立たなくする技術はどれか。

ア アンチエイリアシング      イ クリッピング

ウ シェーディング         エ モーフィング


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。 アンチエイリアシングは、図形の境界近くの画素に 変化する色彩の中間色を割り当てることで、境界に生じる階段状のギザギザを目立たなくする技術である。

イ:誤り。 クリッピングは、描画を行う時に特定の範囲以外の部分を表示しないようにする処理のことである。

ウ:誤り。 シェーディングは、3次元グラフィックスで光の角度と光源からの距離を計算し、 色を変化させ、陰影をつけることで実物のように見せる処理である。

エ:誤り。 モーフィングは、元の形から別の形へ変化する様子を 2つの画像を合成させて中間状態を作ることにより生成する処理である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]