基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成21年 秋期 基本情報技術者 午前 問35
問35   分散データベースの透過性の説明

 分散データベースの透過性の説明として,適切なものはどれか。

ア クライアントのアプリケーションプログラムは,複数のサーバ上のデータベースをアクセスする。アプリケーションプログラムは,データベースがあたかも一つのサーバ上で稼働しているかのようにアクセスできる。

イ クライアントのアプリケーションプログラムは,複数のサーバ上のデータベースをアクセスする。アプリケーションプログラムはどのサーバ上のデータベースをアクセスするのかを知っている必要がある。

ウ 複数のクライアントのアプリケーションプログラムが,一つのサーバ上のデータベースを共有してアクセスする。

エ 複数のクライアントのアプリケーションプログラムは,一つのサーバ上のデータベースを,サーバ上のアプリケーションプログラムを介してアクセスする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 分散データベースは、ネットワーク上の複数のデータベースを 一つのデータベースとして使用する技術のことである。

 利用者は複数のデータベースを調停するサーバに対しサービスを依頼することでデータベースにアクセスできる。 クライアントのアプリケーションプログラムは、複数のデータベースを調停するサーバに対しアクセスすることで、 複数のサーバ上のデータベースをアクセスできる。 よって、利用者は、データベースがあたかも一つのサーバ上で稼働しているかのようにアクセスできる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]