基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 春期 基本情報技術者 午前 問03
問03   逆ポーランド表記法

 A=1,B=3,C=5,D=4,E=2 のとき, 逆ポーランド表記法で表現された式 AB+CDE/−* の演算結果はどれか。

ア −12         イ 2         ウ 12         エ 14
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 A+Bを逆ポーランド表記法で記述すると「AB+」となる。

 AB+CDE/−*の場合、以下のようになる。

  1. Aをスタックに入れる。
  2. Bをスタックに入れる。
  3. +があるので、スタックからBを取り出し、次にAをスタックから取り出し、「A+B」をスタックに入れる。
  4. Cをスタックに入れる。
  5. Dをスタックに入れる。
  6. Eをスタックに入れる。
  7. /があるので、スタックからEを取り出し、次にDをスタックから取り出し、「D/E」をスタックに入れる。
  8. −があるので、スタックから(D/E)を取り出し、次にCをスタックから取り出し、「C−(D/E)」をスタックに入れる。
  9. *があるので、スタックからC−(D/E)を取り出し、次にスタックから(A+B)を取り出し、 結果として「(A+B)*(C−(D/E))となる。

 (A+B)*(C−(D/E))に A=1,B=3,C=5,D=4,E=2 を代入すると12になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]