基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 春期 基本情報技術者 午前 問11
問11   効果的な命令キャッシュ

 命令キャッシュを効果的に使用できるプログラムの作成方法はどれか。

ア アクセスする作業領域部分をまとめる。

イ 作業領域全体を平均的にアクセスするように作成する。

ウ 頻繁に実行される処理部分をまとめる。

エ プログラム全体を平均的に実行するように作成する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 命令キャッシュは、プログラムを高速にアクセスできるキャッシュメモリに 格納することによって、処理速度を向上させる方法である。

 よって、頻繁に実行される処理部分をまとめることによって、その部分のプログラムが キャッシュメモリに保存され、キャッシュの効果が上がる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]