基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 春期 基本情報技術者 午前 問60
問60   データのインテグリティが確保できる体制

 内部統制の観点から,組織内の相互牽(けん)制の仕組みで,データのインテグリティが 確保できる体制はどれか。

ア 業務ニーズにそった効率の良いデータ入力システムを実現するため,情報システム部門がデータ入力システムを開発してデータ入力する。

イ 情報システム部門の担当者は,その経験を生かし,システム開発においてデータの整合性が保てるように,長期間,同一部署に配置する。

ウ 情報システム部門の要員が他部門に異動する場合は,関連する資料をもたせ,システムトラブルなどの緊急時に戦力となるようにする。

エ 情報システム部門は,データを入力する利用部門からの独立を保ち,利用部門がデータの正確性を維持できるようにする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:情報システム部門がデータ入力システムを開発してデータ入力すると相互牽制がなくなる。

イ:長期間、同一部署に配置すると別の部署からの相互牽制の機会がなくなる。

ウ:データの完全性を確保できない。

エ:正しい。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]