基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 春期 基本情報技術者 午前 問73
問73   MRPの処理手順

 @〜Bの手順に従って処理を行うものはどれか。

@ 今後の一定期間に生産が予定されている製品の種類と数量及び部品構成表を基にして, その構成部品についての必要量を計算する。

A 引当可能な在庫量から各構成部品の正味発注量を計算する。

B 製造/調達リードタイムを考慮して構成部品の発注時期を決定する。

ア CAD        イ CRP        ウ JIT        エ MRP
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:CAD (computer aided design)は、コンピュータを利用して設計や製図を行うことである。

イ:CRP (Capacity Requirements Planning)は、能力所要量計画のことである。

ウ:JIT (Just In Time)は、必要なものを必要な時に必要な量だけ生産する方式のことである。

エ:正しい。MRP (Material Requirements Planning)は、資材所要量計画と訳す。 生産計画より必要な部品を選び、引当可能な在庫量などを考慮して発注量を決める。 製造や調達などのリードタイムを考慮して構成部品の発注時期を決定する。

【平成20年春シスアド 問74】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]