基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 秋期 基本情報技術者 午前 問06
問06   木構造

 節点 1,2,…,n をもつ木を表現するために,大きさ n の 整数型配列 A[1],A[2],…,A[ n ] を用意して,節点 i の親の番号を A[ i ] に格納する。節点 k が根の場合は A[ k ]=0 とする。 表に示す配列が表す木の葉の数は,幾つか。

 i   1   2   3   4    5   6   7   8  
 A[ i ]   0   1   1   3    3   5   5   5  
ア 1       イ 3       ウ 5       エ 7
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 木(ツリー)構造は、グラフ理論の木の構造をしたデータ構造のことで階層構造をなしている。 枝でつながった2つの節点のうち、根に近い方を親 ( root )、葉 ( leaf ) に近い方を子と呼び、 同じレベルの節点同士を兄弟という。

 表から1が根で、2と3の親が1である。また、4と5の親が3で、6と7と8の親が5となる。 葉は子のない要素であるから、葉の数は5である。

【平成20年秋 ソフトウェア開発技術者 問10】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]