基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 秋期 基本情報技術者 午前 問17
問17   信頼性と可用性を表す指標

 システムが時間とともに図のように故障と回復を繰り返した。このとき,RASIS の 信頼性(Reliability)と可用性(Availability)を表す指標の組合せとして, 適切なものはどれか。ここで, とする。

     信頼性    可用性  
  ア     T  S
  イ     T  T/(T+S)
  ウ     T+S  S
  エ     T+S  T/(T+S)

解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 次の5つ(信頼性,可用性,保守性,保全性,機密性)の英語の頭文字を 取って RASIS とよぶ。これらを強化することでコンピュータシステムが安心して使用できる。

信頼性(Reliability) 故障が起こりにくく正常に稼動している
可用性(Availability) 稼働率が高くいつも利用が可能である
保守性(Serviceability) 故障の予防が行われ、修理時間が短い
保全性(Integrity) 誤作動がなく、システムが壊れにくい
安全性(Security) 不正アクセスがなく、アクセス権限によってシステムや ファイルが守られている

 問題の式、 より、 T が平均故障間隔(MTBF)で S が平均修復時間(MTTR)となる。

 信頼性を表すのは、MTBF であるので、T となる。また、 可用性を表す式は、システムが運用期間中の稼動していた時間の割合であるので、  T /( T + S )となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]