基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成22年 秋期 基本情報技術者 午前 問29
問29   第3正規形

 次の“受注台帳”表を“注文”表と“顧客”表に分解し,第3正規形にしたとき, 両方に必要な属性はどれか。ここで,送付先と支払方法は注文ごとに決めるものとする。 また,表の下線は主キーを表す。

 受注台帳(注文番号,注文年月日,顧客 ID,顧客名,顧客住所,品目,数量,
      送付先,支払方法,受注金額)

ア 顧客 ID       イ 顧客名       ウ 支払方法       エ 注文番号
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

  • 第1正規形
     繰り返し部分を分離して独立の表にしたものを第1正規形とよぶ。
  • 第2正規形
     第1正規形から部分従属している列を分離したものを第2正規形とよぶ。
  • 第3正規形
     基本キー以外の列に関数従属している列を分離して独立の表にしたものを第3正規形とよぶ。
 “注文”表には、「注文番号,注文年月日,顧客 ID,顧客名,品目,数量など」が含まれ、 “顧客”表には、「顧客 ID,顧客名,顧客住所など」が含まれる。 両方に必要な属性は、「顧客 ID」である。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]