基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成22年 秋期 基本情報技術者 午前 問31
問31   データの更新処理

 “商品”表に対してデータの更新処理が正しく実行できる UPDATE 文はどれか。 ここで,“商品”表は次の CREATE 文で定義されている。

CREATE TABLE 商品
  (商品番号 CHAR(4),商品名 CHAR(20),仕入先番号 CHAR(6),単価 INT,
  PRIMARY KEY(商品番号))

商品

商品番号 商品名 仕入先番号   単価   
S001 A XX0001  18,000
S002 A YY0002  20,000
S003 B YY0002  35,000
S004 C ZZ0003  40,000
S005 C XX0001  38,000

ア UPDATE 商品 SET 商品番号 = 'S001' WHERE 商品番号 = 'S002'

イ UPDATE 商品 SET 商品番号 = 'S006' WHERE 商品名 = 'C'

ウ UPDATE 商品 SET 商品番号 = NULL WHERE 商品番号 = 'S002'

エ UPDATE 商品 SET 商品名 = 'D' WHERE 商品番号 = 'S003'


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り。 商品番号 S001 は、商品表にすでに存在しているので、 S002 を S001 に変更することはできない。

イ:誤り。 商品番号に重複が発生する。

ウ:誤り。 商品番号に NULL 設定することはできない。

エ:正しい。 商品番号 S003 の商品名が D に変更される。

【平成19年春 問61】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]