基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成23年 春期 基本情報技術者 午前 問02
問02   相対誤差

 三つの実数 X 〜 Z とそれぞれの近似値が次の場合,相対誤差の小さい順に並べたものはどれか。

   真の値   近似値  
  X     1.02    1
  Y     1.97    2
  Z     5.05    5
ア X,Y,Z      イ Y,Z,X      ウ Z,X,Y      エ Z,Y,X


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 相対誤差とは、真の値に対する誤差の割合で、誤差の絶対値を真の値で割ったものである。

X 〜 Z の相対誤差を求める。

X : | 1.02 − 1 | ÷ 1.02 = 0.02 ÷ 1.02 ≒ 0.019

Y : | 1.97 − 2 | ÷ 1.97 = 0.03 ÷ 1.97 ≒ 0.015

Z : | 5.05 − 5 | ÷ 5.05 = 0.05 ÷ 5.05 ≒ 0.0099

 相対誤差の小さい順に並べると Z,Y,X になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]