基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成23年 秋期 基本情報技術者 午前 問66
問66   システム化計画の立案

 システム化計画を立案するときに考慮すべき事項はどれか。

ア 運用を考えて,自社の社員が開発する前提で検討を進める。

イ 開発,保守,運用に関する費用と投資効果を明確にする。

ウ 失敗を避けるため,同業他社を調査し,同じシステムにする。

エ テスト計画,運用マニュアル及び障害対策を具体的に示す。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 「システム化計画」では、現在の業務を分析して、システム化を行う基本方針を立案する。 開発するシステムの費用を考えて、開発・保守・運用に関する費用と投資効果を明確にする必要が ある。システムの適用範囲が大きいと使いこなせず無駄になり、適用範囲が小さいと 費用に対する効果がでない。

ア:誤り。 運用を考えると自社の社員が開発するのが望ましいが、 社員の能力や業務の余力を考慮して、外部開発も検討する。

イ:正しい。

ウ:誤り。 他社のシステムが、同様に自社の業務に対応できるとは限らない。 変更するためのコストが膨大になる可能性もある。

エ:誤り。 これは、システム開発計画の段階で考える内容である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]