基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成23年 秋期 基本情報技術者 午前 問76
問76   定額法による減価償却の計算

 事業年度初日の平成 21 年4月1日に,事務所用のエアコンを 100 万円で購入した。 平成 23 年3月 31 日現在の帳簿価額は何円か。ここで,耐用年数は6年,減価償却は定額法, 定額法の償却率は 0.167,残存価額は0円とする。

ア 332,000       イ 499,000       ウ 666,000       エ 833,000
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を資産から減少させる「定額法」と 毎年一定の比率の金額を資産から減少させる「定率法」がある。

 定額法によって、減価償却費を計算する。

  減価償却費=(取得価額−残存価額)÷耐用年数

 1年後の減価償却費=(1,000,000−0)÷6= 166,666 円

 2年後の帳簿価額= 1,000,000−(166,666)×2= 666,668 円


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]