基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 春期 基本情報技術者 午前 問21
問21   プロセッサ使用率が減少する状態

 仮想記憶システムにおいて主記憶の容量が十分でない場合,プログラムの多重度を増加させると システムのオーバヘッドが増加し,アプリケーションのプロセッサ使用率が減少する状態を表すものはどれか。

ア スラッシング       イ フラグメンテーション

ウ ページング       エ ボトルネック


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。

イ:フラグメンテーション は、主記憶やハードディスクに対して、更新を行っていると 記憶位置が断片化する現象である。

ウ:ページングは、セグメント単位で仮想記憶と主記憶の入れ替えを行う方式である。

エ:ボトルネックは、コンピュータの処理や通信速度を阻む要素である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]