基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 春期 基本情報技術者 午前 問23
問23   メモリプール管理の特徴

 様々なサイズのメモリ資源を使用するリアルタイムシステムのメモリプール管理に おいて,可変長方式と比べた場合の固定長方式の特徴として,適切なものはどれか。

ア メモリ効率が良く,獲得及び返却の処理速度は遅く一定である。

イ メモリ効率が良く,獲得及び返却の処理速度は遅く不定である。

ウ メモリ効率が悪く,獲得及び返却の処理速度は速く一定である。

エ メモリ効率が悪く,獲得及び返却の処理速度は速く不定である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 固定長方式のメモリプール管理では、OS が使用するメモリを固定長に分割して、 必要なメモリを獲得し、不要になった場合は返却する。

 よって、メモリの使用効率が悪く、獲得及び返却の処理速度は速く一定である。

【平成21年 秋 問18】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]