基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成24年 春期 基本情報技術者 午前 問32
問32   ログファイルの説明

 DBMS におけるログファイルの説明として,適切なものはどれか。

ア システムダウンが発生したときにデータベースの回復処理時間を短縮するため,主記憶上の更新データを定期的にディスクに書き出したものである。

イ ディスク障害があってもシステムをすぐに復旧させるため,常に同一データのコピーを別ディスクや別サイトのデータベースに書き出したものである。

ウ ディスク障害からデータベースを回復するため,データベースの内容をディスク単位で複写したものである。

エ データベースの回復処理のため,データの更新前後の値を書き出してデータベースの更新記録を取ったものである。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:システムダウンが発生したときにデータベースの回復処理時間を短縮するため、 主記憶上の更新データを定期的にディスクに書き出したものは、「チェックポイント」である。

イ:ディスク障害があってもシステムをすぐに復旧させるため、常に同一データのコピーを 別ディスクや別サイトのデータベースに書き出したものは、「ミラーリング」である。

ウ:ディスク障害からデータベースを回復するため、データベースの内容をディスク単位で 複写したものは、「バックアップ」である。

エ:データベースの回復処理のため、データの更新前後の値を書き出してデータベースの 更新記録を取ったものは、「ログファイル」である。

【平成15年 秋 問70】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]