基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成24年 春期 基本情報技術者 午前 問50
問50   リバースエンジニアリング

 ソフトウェアのリバースエンジニアリングの説明はどれか。

ア CASE ツールなどを用いて,設計情報からソースコードを自動生成する。

イ 外部から見たときの振る舞いを変えずに,ソフトウェアの内部構造を変える。

ウ 既存のソフトウェアを解析し,その仕様や構造を明らかにする。

エ 既存のソフトウェアを分析し理解した上で,ソフトウェア全体を新しく構築し直す。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ソフトウェアに関するリバースエンジニアリングは、ソースプログラムから設計仕様を抽出する技術である。

 プログラムの分野では、モジュール間の関係の解明やシステムの基本仕様の分析と いった行為を含む。 これは企業が他社製品の互換製品を作るために行うことが多い。

 企業の製品は特許や著作権が含まれているものが多いので、解析結果を利用する 際には知的所有権を侵害しない様、細心の注意を払う必要がある。主には仕様書と実装の 食い違いを指摘したり、セキュリティホールやバグの発見につながるなど、システム保守や セキュリティ強化の面で役立つ。

【平成19年 春 ソフトウェア開発 問51 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]