基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 春期 基本情報技術者 午前 問67
問67   PPMにおける花形の説明

 プロダクトポートフォリオマネジメント( PPM )における“花形”を説明したものはどれか。

ア 市場成長率,市場占有率ともに高い製品である。成長に伴う投資も必要とするので,資金創出効果は大きいとは限らない。

イ 市場成長率,市場占有率ともに低い製品である。資金創出効果は小さく,資金流出量も少ない。

ウ 市場成長率は高いが,市場占有率が低い製品である。長期的な将来性を見込むことはできるが,資金創出効果の大きさは分からない。

エ 市場成長率は低いが,市場占有率は高い製品である。資金創出効果が大きく,企業の支柱となる資金源である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 プロダクトポートフォリオマトリックス図は、 市場成長率を縦軸、市場占有率を横軸にとり、4つの領域に分けた図のことである。 4つの領域には、以下の名称が付けられている。

  • ア:花形 市場成長率が高く市場占有率も高い。現在の主力となる事業である。 将来にわたって資金の投下も必要である。
  • イ:負け犬 市場成長率と市場成長率が低い。この事業への資金の投入は行わず、 将来的には撤退を考えざるを得ない。
  • ウ:問題児 市場成長率が高いので将来性は高い。市場占有率が低いため、 広告費などさらに資金の投入が必要である。
  • エ:金のなる木 市場占有率が高く、市場成長率が低い。高いシェアがあるので、 大きな収益をあげている。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]