基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 春期 基本情報技術者 午前 問77
問77   損益分析に関する記述

 図は二つの会社の損益分岐点を示したものである。 A社とB社の損益分析に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア A社,B社ともに損益分岐点を超えた等しい売上高のとき,固定費の少ないB社の方がA社よりも利益が大きい。

イ A社はB社より変動費率が小さいので,損益分岐点を超えた等しい売上高のとき,B社に比べ利益が大きい。

ウ 両社の損益分岐点は等しいので,同じ利益を生み出すために必要な売上高は両社とも等しい。

エ 両社は損益分岐点が等しく,固定費も等しいので,売上高が等しければ,損益も等しい。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:誤り A社,B社ともに売上高が増加した場合は、B社は製品1個当たりの 変動費が多いので、A社の方が利益が大きくなる。

イ:正しい 

ウ:誤り A社の方が少ない売上で利益が大きい。

エ:誤り 損益分岐点を超えるとA社の利益が大きくなる。

【平成17年 春 問72 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]