基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 春期 基本情報技術者 午前 問80
問80   制御用ソフトウェアの不具合

 製造物責任法の対象となる制御用ソフトウェアの不具合はどれか。 ここで,制御用ソフトウェアはエレベータの制御装置に組み込まれているものとする。

ア エレベータの待ち時間が長くなる原因となった不具合

イ エレベータの可動部分の交換を早める原因となった不具合

ウ エレベータメーカの出荷作業の遅延の原因となった不具合

エ 人的被害が出たエレベータ事故の原因となった不具合


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 製造物責任法の第一条に 「この法律は、製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合における製造業者等の 損害賠償の責任について定めることにより、被害者の保護を図り、もって国民生活の安定向上と 国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。」 と記載されている。

 よって、「人的被害が出たエレベータ事故の原因となった不具合」が製造物責任法の対象となる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]