基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成25年 春期 基本情報技術者 午前 問19
問19   スラッシングが発生しやすい組合せ

 主記憶の管理方法とマルチプログラミングでのプログラムの多重度の組合せで,スラッシングが 発生しやすいのはどれか。

     主記憶の管理方式    プログラムの多重度  
  ア  仮想記憶方式     大きい  
  イ  仮想記憶方式     小さい  
  ウ  実記憶方式     大きい  
  エ  実記憶方式     小さい  

解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 スラッシングとは、仮想記憶システムにおいて、 アプリケーションプログラムが過大なメモリを要求したため ページの置き換えが頻繁に発生し、システムの性能が低下することである。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]