基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成25年 春期 基本情報技術者 午前 問21
問21   データを復元するのに必要な時間

 次の仕様のバックアップシステムにおいて,金曜日に変更されたデータの増分バックアップを 取得した直後に磁気ディスクが故障した。修理が完了した後,データを復元するのに必要となる時間は何秒か。 ここで,増分バックアップは直前に行ったバックアップとの差分だけをバックアップする方式であり, 金曜日に変更されたデータの増分バックアップを取得した磁気テープは取り付けられた状態であって, リストア時には磁気テープを1本ごとに取り替える必要がある。また,次の仕様に示された以外の時間は無視する。

〔バックアップシステムの仕様〕
 バックアップ媒体   磁気テープ(各曜日ごとの7本を使用) 
 フルバックアップを行う曜日   毎週日曜日 
 増分バックアップを行う曜日   月曜日〜土曜日の毎日 
 フルバックアップのデータ量   100G バイト 
 磁気テープからのリストア時間   10 秒/G バイト 
 磁気テープの取替え時間   100 秒/本 
 変更されるデータ量   5G バイト/日 
ア 1,250      イ 1,450      ウ 1,750      エ 1,850
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 バックアップは、図のようになっている。

 日   月    火   水   木   金    土  
 フル   増分    増分   増分   増分   増分    (増分)  

 リストアは、以下のように行う。

  1. 日曜日のフルバックアップを戻す。(100G バイト)
  2. 月曜日〜金曜日までの増分バックアップを戻す。(5G ×5= 25G バイト)
 磁気テープからのリストア時間は、10 秒/G バイトであるから、1250 秒かかる。 また、磁気テープの取替え回数は、6回なので、600 秒かかる。 よって、データを復元するのに必要となる時間は、1,850 秒となる。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]