基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成25年 春期 基本情報技術者 午前 問26
問26   UMLを用いた図のデータモデルの多重度

 UML を用いて表した図のデータモデルに対する多重度の説明のうち,適切なものはどれか。

ア 社員が複数のプロジェクトに参画する場合は,全て同じ役割分担となる。

イ 社員は,同じプロジェクトに異なる役割分担で参画することができる。

ウ 社員は,一つ以上のプロジェクトに参画している。

エ 社員は,複数の部門に所属することができる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 UML( Unified Modeling Language )とは、Java 等のオブジェクト指向のソフトウェア開発に おけるプログラム設計図の統一表記法のことである。 主なモデル図としては、クラス図、ユースケース図、シーケンス図等がある。

ア:誤り。「社員」と「プロジェクト内役割分担」の間に「プロジェクト参画」があり、 多重度は多対多である。よって、「社員」が複数のプロジェクトに参画する場合は、 全て同じ役割分担になるわけではない。

イ:正しい。

ウ:誤り。 「社員」から「プロジェクト参画」の多重度は、“0..*”である。 よって、社員は,一つ以上のプロジェクトに参画していない「社員」もいる。

エ:誤り。 「社員」から「部門」の多重度は1なので、「社員」は複数の部門に 所属することはできない。

【平成23年春 問29 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]