基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成25年 春期 基本情報技術者 午前 問49
問49   包括的な特許クロスライセンスの説明

 包括的な特許クロスライセンスの説明として,適切なものはどれか。

ア インターネットなどでソースコードを無償公開し,誰でもソフトウェアの改良及び再配布が行えるようにすること

イ 技術分野や製品分野を特定し,その分野の特許権の使用を相互に許諾すること

ウ 自社の特許権が侵害されるのを防ぐために,相手の製造をやめさせる権利を行使すること

エ 特許登録に必要な費用を互いに分担する取決めのこと


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 特許クロスライセンスとは、複数の企業等が自社が所有する製造技術や特許を 他の企業と相互に使用することを許諾することである。

 お互いが持っている特許を交換して利用することによって、 特許紛争を事前に回避でき、製品の開発費用を抑えることができる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]