基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問11
問11   パリティチェックの目的

 メモリモジュールのパリティチェックの目的として,適切なものはどれか。

ア メモリモジュールに電源が供給されているかどうかを判定する。

イ 読出し時に,エラーが発生したかどうかを検出する。

ウ 読出し時に,エラーを検出して自動的に訂正する。

エ 読み出したデータを暗号化する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 パリティチェック(奇偶検査)は、2進コードにおいて1の個数が奇数又は偶数に なるように余分のビットを付加し、2進コードの誤りを検出する。

 パリティチェックにより、読出し時にエラーが発生したかどうかを検出できる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]