基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問36
問36   メッセージダイジェストの利用目的

 メッセージ認証符号におけるメッセージダイジェストの利用目的はどれか。

ア メッセージが改ざんされていないことを確認する。

イ メッセージの暗号化方式を確認する。

ウ メッセージの概要を確認する。

エ メッセージの秘匿性を確保する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 メッセージダイジェストは、ディジタル署名などに利用されている技術で、 メッセージが改ざんされていないことを保証するために使う。

 認証局( CA )が発行した証明書をもつA氏が、B商店に対して電子メールを 使って商品の注文を行う際に、A氏はハッシュ化手法で圧縮したデータ(メッセージダイジェスト)を作成する。 次にA氏は、圧縮したデータを自分の秘密かぎを用いて暗号化し、電子署名として送信するデータに 添付する。

 B商店はA氏の公開かぎを用いて、添付された電子署名を元の圧縮したデータに複合する。

【平成19年春 問66】

【平成23年秋 問41】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]