基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問38
問38   利用者認証における適切な運用

 IC カードと PIN を用いた利用者認証における適切な運用はどれか。

ア IC カードによって個々の利用者を識別できるので,管理負荷を軽減するために全利用者に共通な PIN を設定する。

イ IC カードの表面に刻印してある数字情報を組み合わせて,PIN を設定する。

ウ IC カードを紛失時には,新たな IC カードを発行し,PIN を再設定した後で,紛失した IC カードの失効処理を行う。

エ IC カードを配送する場合には,PIN を同封せず,別経路で利用者に知らせる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 利用者認証で使用される IC カードでは、公開鍵と秘密鍵でディジタル署名機能を組み込む。 秘密鍵は、他人に漏えいしないようする必要があるため、 IC カードを配送する場合には,PIN を同封せず,別経路で利用者に知らせる必要がある。

 IC カードを紛失した場合は、まず、紛失した IC カードの失効処理を行う。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]