基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問47
問47   オブジェクト指向の概念

 オブジェクト指向に基づく開発では,オブジェクトの内部構造が変更されても利用者が その影響を受けないようにすることができ,それによってオブジェクトの利用者が オブジェクトの内部構造を知らなくてもよいようにすることができる。 これを実現するための概念を表す用語はどれか。

ア カプセル化        イ クラス化        ウ 構造化        エ モジュール化
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 オブジェクト指向では、クラス内のメソッドやプログラムをクラスの外から見えなくすることを 「情報の隠蔽」とよぶ。プログラムを作成する場合、メソッドに引数を渡すだけでメソッドの 中の処理を気にする必要がない。

 オブジェクトの外からオブジェクトの内部への直接の操作を禁止することを「カプセル化」とよぶ。 カプセル化によって、オブジェクト内のインスタンス変数への操作は、メソッドを呼び出すことで可能になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]