基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問64
問64   ディジタルディバイドの解消

 ディジタルディバイドの解消のために取り組むべきことはどれか。

ア IT 投資額の見積りを行い,投資目的に基づいて効果目標を設定して,効果目標ごとに目標達成の可能性を事前に評価すること

イ IT を活用した家電や設備などの省エネルギー化やテレワークなどによる業務の効率向上によって,エネルギー消費を削減すること

ウ 情報リテラシの習得機会を増やしたり,情報通信機器や情報サービスが一層利用しやすい環境を整備したりすること

エ 製品や食料品などの生産段階から最終消費段階又は廃棄段階までの全工程について,IC タグを活用して流通情報を追跡可能にすること


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ディジタルディバイドは、能力や地域、年齢、経済的な理由により、パソコンやインターネットなどの 情報技術を使うことの格差が格差が生じ、社会的な格差を生む現象である。

[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]