基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成26年 秋期 基本情報技術者 午前 問30
問30   ロックの動作に関する記述

 トランザクションの同時実行制御に用いられるロックの動作に関する記述のうち,適切なものはどれか。

ア 共有ロック獲得済の資源に対して,別のトランザクションからの新たな共有ロックの獲得を認める。

イ 共有ロック獲得済の資源に対して,別のトランザクションからの新たな専有ロックの獲得を認める。

ウ 専有ロック獲得済の資源に対して,別のトランザクションからの新たな共有ロックの獲得を認める。

エ 専有ロック獲得済の資源に対して,別のトランザクションからの新たな専有ロックの獲得を認める。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 共有ロックは、データを読込むときに使うロック機能で、 共有ロックをかけると、他のトランザクションによる更新処理ができなくなる。 ただし、読込みは可能である。

 専有ロックは、データを更新するときに使うロック機能で、 占有ロックをかけると、他のトランザクションによる読込みや更新ができなくなる。

 よって、資源に共有ロックがかかっている場合のみ、 別のトランザクションが新たに共有ロックをかけることができる。

【平成25年春 問31 応用情報】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]