基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成26年 秋期 基本情報技術者 午前 問66
問66   要件の識別で実施する作業

 共通フレームによれば,要件定義プロセスの活動内容には,利害関係者の識別, 要件の識別,要件の評価,要件の合意などがある。このうち, 要件の識別において実施する作業はどれか。

ア システムのライフサイクルの全期間を通して,どの工程でどの関係者が参画するのかを明確にする。

イ 抽出された要件を確認して,矛盾点や曖昧な点をなくし,一貫性がある要件の集合として整理する。

ウ 矛盾した要件,実現不可能な要件などの問題点に対する解決方法を利害関係者に説明し,合意を得る。

エ 利害関係者から要件を漏れなく引き出し,制約条件や運用シナリオなどを明らかにする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 要件定義プロセスの活動内容には、利害関係者の識別、要件の識別、 要件の評価、要件の合意などがある。

ア:誤り 利害関係者の識別の説明である。

イ:誤り 要件の評価の説明である。

ウ:誤り 要件の合意の説明である。

エ:正しい


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]