基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問07
問07   再入可能プログラムの特徴

 再入可能プログラムの特徴はどれか。

ア 主記憶上のどこのアドレスに配置しても,実行することができる。

イ 手続の内部から自分自身を呼び出すことができる。

ウ 必要な部分を補助記憶装置から読み込みながら動作する。主記憶領域の大きさに制限があるときに,有効な手法である。

エ 複数のタスクからの呼出しに対して,並行して実行されても,それぞれのタスクに正しい結果を返す。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 再入可能プログラムのは、同時に2つ以上のプログラムからよび出すことができるプログラムで、 1つのタスク処理が終了する前に次のタスクの実行が可能なプログラムである。 ア:再配置可能プログラム桁落ちに関する説明である。

イ:再帰的プログラムに関する説明である。

ウ:仮想記憶に関する説明である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]