基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問13
問13   縮退運転になる場合

 仮想化マシン環境を物理マシン 20 台で運用しているシステムがある。 次の運用条件のとき,物理マシンが最低何台停止すると縮退運転になるか。

〔運用条件〕

(1) 物理マシンが停止すると,そこで稼働していた仮想マシンは他の全ての物理マシンで 均等に稼働させ,使用していた資源も同様に配分する。

(2) 物理マシンが 20 台のときに使用する資源は,全ての物理マシンにおいて 70 %である。

(3) 1台の物理マシンで使用している資源が 90 %を超えた場合,システム全体が縮退運転となる。

(4) (1) 〜 (3) 以外の条件は考慮しなくてよい。

ア 2         イ 3         ウ 4         エ 5
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 物理マシンが 20 台のときに使用する資源は、全ての物理マシンにおいて 70 %であるので、 資源を全て使うとき、必要なマシンの数は、

 20 台× 0.7 = 14 台となる。

 1台の物理マシンで使用している資源が 90 %を超えた場合、システム全体が縮退運転となるので、

 15 台× 0.9 = 15.5 台となる。

 よって、 20 台−15 台=5台 停止すると縮退運転になる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]