基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問26
問26   3層スキーマアーキテクチャを採用する目的

 DBMS が,3層スキーマアーキテクチャを採用する目的として,適切なものはどれか。

ア 関係演算によって元の表から新たな表を導出し,それが実在しているように見せる。

イ 対話的に使われる SQL 文を,アプリケーションプログラムからも使えるようにする。

ウ データの物理的な格納構造を変更しても,アプリケーションプログラムに影響が及ばないようにする。

エ プログラム言語を限定して,アプリケーションプログラムと DBMS を緊密に結合する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 3層スキーマアーキテクチャとは、データベースシステムの基本的な構成を外部スキーマ(利用者に必要なデータの定義)、 概念スキーマ(管理するデータの定義)、内部スキーマ(データの物理的な格納方法の定義)の構造で定義したものである。

 3層スキーマアーキテクチャでは、 データの物理的な格納構造を変更してもアプリケーションプログラムに影響が及ばないようになっている。

【平成15年春 問69 応用情報】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]