基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成27年 春期 基本情報技術者 午前 問69
問69   コストプラス法による価格設定方式

 コストプラス法による価格設定方法を表すものはどれか。

ア 価格分析によって,利益最大,リスク最小を考慮し,段階的に価格を決める。

イ 顧客に対する値引きを前提にし,当初からマージンを加えて価格を決める。

ウ 市場で競争可能と推定できるレベルで価格を決める。

エ 製造原価,営業費を基準にし,希望マージンを織り込んで価格を決める。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 コストプラス法は、製品の製造原価や営業費を基準に、一定の利幅を加えて価格設定する方式である。

 コストプラス法の利点は、他社の製品の価格を考慮しないで価格を決定できるところにあり、 注文生産などに適している。欠点は、他者の価格を考慮していないので、 実際の消費者のニーズにあった価格かわからないことである。

【平成24年秋 問68】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]