基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成27年 秋期 基本情報技術者 午前 問19
問19   コンパイラの構文解析

 コンパイラで構文解析した結果の表現方法の一つに四つ組形式がある。
   (演算子,被演算子1,被演算子2,結果)
 この形式は,被演算子1と被演算子2に演算子を作用させたものが結果であることを表す。 次の一連の四つ組は,どの式を構文解析したものか。 ここで,T1 ,T2 ,T3 は一時変数を表す。

      (*,B,C,T1

      (/,T1 ,D,T2

      (+,A,T2 ,T3

ア A+B*C/D        イ A+B*C/T2

ウ B*C+A/D        エ B*C+T1/D


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

「被演算子1」と「被演算子2」に「演算子」を作用させたものが「結果」になる 表現方法が、

(演算子,被演算子1,被演算子2,結果)

である。

 (*,B,C,T1 )=B * C → T1

 (/,T1 ,D,T2 )=T1 /D → T2

                      =B * C /D → T2

 (+,A,T2 ,T3 )=A +T2 → T3

                      =A +B * C /D → T3

【平成18年春 問37】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]