基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成27年 秋期 基本情報技術者 午前 問41
問41   LANアナライザの使用上の注意点

 ネットワーク障害の原因を調べたるめに、ミラーポートを用意して、 LAN アナライザを使用できるようにしておくときに留意することはどれか。

ア LAN アナライザがパケットを破棄してしまうので、測定中は測定対象外のコンピュータの利用を制限しておく必要がある。

イ LAN アナライザはネットワークを通過するパケットを表示できるので,盗聴などに悪用されないように注意する必要がある。

ウ 障害発生に備えて,ネットワーク利用者に対して LAN アナライザの保管場所と使用方法を周知しておく必要がある。

エ 測定に当たって,LAN ケーブルを一時的に切断する必要があるので,ネットワーク利用者に対して測定日を事前に知らせておく必要がある。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 LAN アナライザは、ネットワーク上の情報を監視するための機器やソフトウェアである。

ア:誤り LAN アナライザがパケットを破棄することはない。

イ:正しい

ウ:誤り  ネットワーク管理者以外に、LAN アナライザの保管場所と使用方法を知らせない方がよい。

エ:誤り  LAN アナライザを使っての測定時に、LAN ケーブルの切断は必要ない。

【平成25年春 問40 応用情報】

【平成17年秋 問67 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]