基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成27年 秋期 基本情報技術者 午前 問43
問43   ワームの検知方法

 ワームの検知方法の一つとして,検査対象のファイルから SHA-256 を使ってハッシュ値を求め, 既知のワーム検体ファイルのハッシュ値のデータベースと照合することによって,検知できるものはどれか。

ア ワーム検体と同一のワーム

イ ワーム検体と特徴あるコード列が同じワーム

ウ ワーム検体とファイルサイズが同じワーム

エ ワーム検体の亜種に当たるワーム


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ワームは、ネットワーク経由でコンピュータ間を自己複製しながら移動するウィルスである。

 検査対象のファイルから SHA-256 を使ってハッシュ値を求め、 既知のワーム検体ファイルのハッシュ値のデータベースと照合することによって検知できるものは、 「ワーム検体と同一のワーム」だけである。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]