基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問11
問11   キャッシュメモリの効果

 キャッシュメモリの効果として,適切なものはどれか。

ア 主記憶からキャッシュメモリへの命令の読出しと,主記憶からキャッシュメモリへのデータの読出しを同時に行うことによって,データ転送を高速に行う。

イ 主記憶から読み出したデータをキャッシュメモリに保持し,CPU が後で同じデータを読み出すときのデータ転送を高速に行う。

ウ 主記憶から読み出したデータをキャッシュメモリに保持し,命令を並列に処理することによって演算を高速に行う。

エ 主記憶から読み出した命令をキャッシュメモリに保持し,キャッシュメモリ上でデコードして実行することによって演算を高速に行う。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 アプリケーションプログラムを実行する場合、磁気ディスク装置にあるプログラムを主記憶装置に読み込み、 CPU は、主記憶装置から命令を 取り出して実行する。 ただし、CPU の速度に比べて主記憶装置の速度が遅いため主記憶装置より高速なキャッシュメモリを使う。

 CPU は、必要な情報がキャッシュメモリにあれば、それを使い、 情報がないときだけ主記憶装置をアクセスする。

ア:データの読出しを同時に行うわけではない。

イ:正しい。

ウ:キャッシュメモリは、命令を並列に処理する装置ではない。

エ:命令のデコード(解読)は、処理装置で行われる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]