基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問22
問22   RFIDの活用事例

 RFID の活用事例として,適切なものはどれか。

ア 紙に印刷されたディジタルコードをリーダで読み取ることによる情報の入力

イ 携帯電話とヘッドフォンとの間の音声データ通信

ウ 赤外線を利用した近距離データ通信

エ 微小な無線チップによる人又は物の識別及び管理


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 RFID(Radio Frequency Identification)は、極小のチップ(IC タグ)にアンテナを 組み合わせたもので電子荷札に利用され、 無線自動認識技術によって対象の識別や位置確認などができる。

 チップはバッテリが不要で、読み取り機とは非接触で、少し離れても読み取れる。 RFID は、商品などに埋め込まれ、商品コードや商品の情報が記録されている。

ア:OCR やバーコードリーダなどの説明である。

イ:Bluetooth の説明である。

ウ:IrDA の説明である。

【平成23年秋 問24】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]