基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成28年 春期 基本情報技術者 午前 問33
問33   グローバルIPアドレス接続

 プライベート IP アドレスをもつ複数の端末が,一つのグローバル IP アドレスを使ってインターネット接続を 利用する仕組みを実現するものはどれか。

ア DHCP       イ DNS        ウ NAPT        エ RADIUS
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:DHCP ( Dynamic Host Configuration Protocol ) は、 各クライアントに、 起動時に動的に IP アドレスを割り当てる機能である。一定時間使用しない場合は、 IP アドレスを回収し、他のクライアントに割り当てる。 DHCP サーバは、IP アドレスをクライアント用にいくつかまとめて用意しておく。

イ:DNS( Domain Name System ) IP アドレスとフルドメイン名は、1対1に対応しているが、 IP アドレスは人間が理解しにくい。そこで、ドメイン名を IP アドレスに変換するしくみが DNS である。 DNS は、ドメイン名を IP アドレスに変換するための分散データベースシステムになっている。

ウ:NAPT( Network Address Port Translation ) は、1つのグローバルアドレスを複数の コンピュータで共有する仕組みである。

エ:RADIUS( Remote Authentication Dial-In User Service ) は、 ダイヤルアップユーザの認証システムである。

【平成24年春 問37】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]